デジタルクリエイターインタビューvol.8

【WEBディレクター編】ボーダーレスに自分に出来ることは何でもチャレンジしていく

#インタビュー

デジタルクリエイターインタビューでは、エクストリームで活躍しているクリエイター&エンジニアを紹介しています。
今回はWebディレクターのインタビューをお届けします。

 

 

エクストリームを選んだ理由、エクストリームの魅力は?

エクストリームの企業コンセプトである「スピード・クオリティ・チャレンジ」に共感したのが1番の理由です。クライアントの求めるゴールに向かってクオリティを保ちながらトライ&エラーを行うスピード感や、新しいことにチャレンジする姿勢だったりとエクストリームなら自分も更に成長できるなと思い選びました。

 

仕事をしていくなかで大変だったこと、達成できてうれしかったことは?

ディレクターという職種柄、クライアントやプロジェクトメンバーと適切にコミュニケーションを取る必要があり、人間関係の構築や調整などは注力しているところです。お客様の課題解決に取り組み、デジタルコンテンツや新規サービスの企画を任せて頂けた時は頼りにされていると感じますね。詳しく言えないのが残念ですが、現在もプロジェクトマネージャーとしてエクストリームがIPを保有するとあるキャラクターとクライアント企業とのコラボレーション企画を任されており、奮闘する毎日です(笑)やっぱり自分が提案したものに対してお客様から評価を頂ける時が一番うれしいですね。

 

 

大切にしていること、こだわり、ポリシーは?

WEBディレクターだから担当業務はここまで、と区切らずに、課題解決に向けて自分が出来ることはなんでもやるスタンスでいることです。お客様の要望に応えたい!と向き合っていくうちに、結果的に色々出来るようになったところもありますね。

あとは、対面でコミュニケーションを取るように心掛けています。もちもんツールもなども使いますが、レスポンスのスピード感やニュアンスなど、言葉以外の事も感じ取れると思うので、やっぱり顔を見ながらお話ししたいですね。

 

今後の目標やキャリアビジョンは?

エクストリームはゲーム開発の企業として広く知られていますが、IT・WEB業界での認知度がまだまだ低いのが現状です。今後は、チームとしてクライアント先に常駐する形をスタンダードとして更に増やし、IT・WEB業界での認知度を上げていけたらいいなと考えています。クライアント企業やお客様への貢献がエクストリームへ還元するように考えながら働いていきたいです。

 

これからエクストリームに入社を希望される方にメッセージをお願いします

エクストリームには、ゲームもITもWEBも様々な業種の人がいるので、お互いに刺激し合えるところがいいですね。自分のやる気次第でどんどんスキルアップできると思います。やりたいことにチャレンジできる環境も制度もあるので一緒に盛り上げてくれる仲間を募集中です!

関連する記事

To top