フロントエンドエンジニアの果たす役割と求められるスキル

#フロントエンドエンジニア

Web開発の仕事ができれば、IT業界ではかなり重宝されます。Web関連の案件は非常に多く、常に高い需要があります。未経験でも応募が可能な求人が多数出ていることからも、世間からのニーズの高さを計り知ることができます。今回はそんなWeb開発の仕事で活躍するフロントエンドエンジニアの仕事内容や求められるスキルについて紹介したいと思います。

 

 

■フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアは主にウェブサイトやアプリでユーザーが直接使用する部分(主にウェブブラウザ)の開発を担当します。

 

エンジニアの仕事は、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアが行います。データの処理などウェブサイトの裏側となるサーバーの機能の開発はバックエンドエンジニアが行います。そしてユーザーがウェブサイトを見る際に、ブラウザで動作する機能の実装はフロントエンドエンジニアが担当します。Web開発の現場では様々な仕事で分業化されていることが多く、デザインを考える人、機能を開発する人、コンテンツを作成する人など、多種多様なスキルを持つ人が一緒にプロジェクトを進行しています。

 

■フロントエンドエンジニアが担う役割

フロントエンドエンジニアは主にWeb開発のプロジェクトでユーザーがサイトの閲覧に利用するウェブブラウザの機能開発を担当します。ユーザーのことを考え、UX(ユーザーがサービスを通して得られる体験)を高めていくことが役割になります。たとえば、以下のような内容があります。

 

・UI(ユーザーインターフェース)のデザインを考える

・ユーザーが直感的にシステムを使用できるよう文字をハイライトする

・画面に表示される情報が見やすくなるように工夫する(スマートフォン、タブレット、PCなどユーザーの端末に合わせて表示の仕方を変える、など)

 

 

■フロントエンドエンジニアに求められるものとは

フロントエンドエンジニアに最も求められるものは、「ユーザー目線でサービスを考えられる力」と「その考えを形にする力」です。まず、ユーザーがサイトを使いやすくするためにはどうすればよいか?ユーザーがサイトの利用を楽しめるようにするにはどのような工夫をすべきか?など、ユーザーにとって価値のあるサービスになっているかどうかを徹底的に考えていくことが必要です。そして、それを実現するために様々な専門スキルも必要になります。業界トレンドのキャッチアップをしながら世の中が何を求めているのかを把握し、ユーザーが使う画面の構成やデザインを作成し、サービスを使いやすくなるような機能を実装することが求められます。

 

■フロントエンドエンジニアに必要なスキルと経験

フロントエンドエンジニアとして活躍していくためには、多様なスキル・経験が求められます。フロントエンドエンジニアの通常の役割はブラウザ側の機能実装になりますが、デザインやWebマーケティングに近い仕事を行うこともあります(プロジェクトによって求められるスキルは異なります)。

 

 

まず、フロントエンドエンジニアとして最も必要なスキルはプログラミング能力と言えるでしょう。具体的には、ブラウザ側の機能の実装で最も使われる「JavaScript」のスキルが求められます。そして、「JavaScript」の代表的なフレームワークである「jQuery」や、バックエンド側(サーバー側)の知識もあるとより望ましいです。サーバー側の機能はフロントエンドエンジニアが実装することはありませんが、バックエンド側のエンジニアとシステムの仕様に関して取り決めをする際にその知識があると、話をスムーズに進められます。

 

また、デザインのスキルも求められます。HTML、CSSなどのコーディング経験は画面を作るうえで必須ですし、WordPress、Dreamweaver、Illustrator、Photoshopなどウェブサイト作成のためのツールも実務での使用経験があると評価されます。ただし、デザインの仕事はWebデザイナーなど専門家に任せられることが多いので、フロントエンドエンジニアとしては必ずしも必要な能力ではないことが多いです。

 

まとめ

今回はフロントエンドエンジニアの仕事と求められるスキルについて紹介しました。必要なスキルは多く、学び始めたらきりがありませんが、一方で幅広い知識・スキルが得られ、様々なスキルを持つ人と一緒に仕事ができるので、成長を実感しながら可能性を広げることができるでしょう。

To top