ProjectNAZCA

プランナー研修ver.1受講者に突撃インタビュー!

#ゲームプランナー #インタビュー #Project NAZCA

 

エクストリーム独自の教育・研修制度『Project NAZCA』のひとつとして、クリエイターのスキルアップ研修を行っています。今回はプランナー向け技術研修を受講しているゲームプランナーにインタビューを実施しました。

 

 

■プランナーとしてスキルアップしていきたい

 

研修を受講したいと思ったのは、少しでもできることを増やしたかったからです。今回の研修では既に発売されているゲームを企画書・仕様書に巻き戻すという方法でプランナーの基本を学ぶというものだったので、私を含め若手プランナーの方々には非常に勉強になる内容でした。

元々、前職ではゲームの検証作業やバグ報告などを行うQA(Quality Assurance:品質管理)と呼ばれる仕事をしていて、プランナーとしてはエクストリームに入社するまでほぼ未経験だったんです。一からゲーム企画について学ばなければならない私にとっては現場で経験を積みながら、会社で技術研修をしっかりとやってもらえるのは、非常に有り難いです。現場で活かせるスキルを研修で身につけていけるので、受講できて良かったなと感じています。

 

 

■質問が積極的にできる研修環境

 

研修の雰囲気はとても良いですね。内容の切れ目で質問の時間を設けてくださるので、受講者が一斉に疑問点を質問しています。講師の方もわかりやすく噛み砕いた内容で伝えてくださり、実体験なども交えた上で話してくださるのですごく頭に入りやすい環境で研修を受けられています。

また、プログラマーやデザイナーの方々に向けた仕様書の書き方も学んでいるのですが、これが非常に現在の業務で活きています。現在携わっているプロジェクトでは演出周りと演出シーンで使用するマップの企画・制作を主に行っているので、デザイナーとの連携が非常に重要になってくるんです。どのような素材が欲しいか伝える際などに参考になるので、研修で学んだことをすぐ現場で活かせているなと実感しています。

 

■「やってみたい」という気持ちを持っている方は活躍できる会社

 

様々な有名タイトルのプロジェクトに携わり、スキルアップしていけることがエクストリームに入社する一番大きなメリットだと思っています。私もプランナーとしてキャリアを積んでいく中で、いつかは新規ゲームの開発に携わりたいなと考えています。そのためにも現場の業務だけではなく、研修を受けたりオンライン研修のSchooを積極的に活用しています。

研修のように行動にうつせる機会を会社が作ってくれるので、なにか「やってみたい」という気持ちを持っている人が活躍できる会社だと感じています。

 

関連する記事

To top