注目!ゲーム技術者が選んだ技術書ベスト5!【2017年版】

#トレンド技術ブログ

確かな情報でトレンドをキャッチ
ゲーム開発者にとって、業界トレンドのキャッチアップは必須。速報性の高いウェブも便利ですが、しっかりと情報がまとめられた書籍もまた欠かせません。
今回はNPO法人 国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)調査による、ゲーム開発者が選んだ推薦図書ベスト5、2017年版をご紹介します。
デジタルクリエイターの皆さん、あなたが読んだ本はランクインしていましたか?

調査方法:ウェブアンケート
調査対象:2016年7月1日~2017年6月30日の1年間に出版されたゲーム開発技術書
調査人数:59人
総選出書籍数:57冊
※本アンケートは同一人物の連続投稿などを厳密にはチェックできていません。あくまで傾向としてご理解いただければ幸いです。

 

第1位
Unityネットワークゲーム開発実践入門
UNET/ニフティクラウド
mobile backend版

著:西森丈俊、一條貴彰、掌田津耶乃
出版社:ソシム株式会社

2016年以降急速に普及したUnityの関連本が1位を獲得。本書の特長はUnity初心者向けの解説をバッサリと切り捨て、既に使用経験のある開発者に想定読者絞った点。実践度の高い、一歩踏み込んだ内容が支持を集めた結果となりました。

 

第2位
UnityではじめるC#
基礎編

著:大槻有一郎、いたのくまんぼう(監修)
出版社:エムディエヌコーポレーション
なんと2位にもUnity関連本がランクイン。しかし、1位とは打って変わって本書は超初心者向けの内容です。実際の画面のキャプチャー画像や図表、そしてかわいらしいイラストを多用したわかりやすい紙面構成で、UnityおよびC#を基礎から学習できます。

 

第3位
人工知能の作り方
―「おもしろい」ゲームAIは
いかにして動くのか

著:三宅陽一郎
出版社:技術評論社
グーグル社による囲碁AI「AlphaGo」の活躍など、盛り上がりを見せるAI(人工知能)関連本が3位を獲得。
AIとはどのような概念で、どのように捉えられるのか?読者に考察を迫る構成は、あなたの知的好奇心を刺激してくれる1冊となるはずです。

 

第4位
作れる! 学べる! Unreal Engine 4
ゲーム開発入門

著:荒川巧也
出版社:翔泳社
2015年に無償公開され、大きな話題となったUnreal Engine 4の初心者向け解説本です。
専門学校の講師でもある著者による、わかりやすい解説が特長です。

 

第5位
マヤ道! ! : The Road of Maya

著:Eske Yoshinob
出版社:ボーンデジタル
Mayaの仕組みを漫画で解説したキャッチーさが支持を集め、5位にランクイン。「技術書の固い文章を読むのが苦痛…」という方にぜひ手に取っていただきたい1冊です。

 

第5位
バカ売れアプリ生活
自作ゲームの集客と
マネタイズぜんぶ教えます!

著:ひさしAPP
出版社:ソーテック社
得票数により同率5位を獲得。自作アプリの収益化に焦点を当てた、とにかく実践的な内容です。企画立案の手法からレビュー対策、さらには自身の食生活まで赤裸々に語った内容が注目を集めました。

関連する記事

To top