IP実績

国内会員40万人を突破した人気シリーズ

『桃色大戦ぱいろん』シリーズは、2008年9月にPCオンラインゲーム『桃色大戦ぱいろん』として、自社プラットフォームにてサービスを開始しました。広く一般に認知されている「麻雀」に「萌え」という要素を組み込んだオリジナリティーの高さが評価され、国内で約40万人の会員を獲得しました。海外地域でも香港、シンガポール、台湾でリリースされるなど、グローバルな実績を持つタイトルです。

豪華声優陣・イラストレーターを起用

『桃色大戦ぱいろん』シリーズの特色は、何より個性豊かな美少女キャラクター達です。豪華イラストレーター / 漫画家によるキャラクターデザインと、アニメやゲームで活躍する声優陣の組み合わせが、幅広いファン層を獲得。シリーズを経るごとにキャラクター数も増加し、最終的には200体以上のキャラクターを有するシリーズとなりました。その資産を活用し、ライトノベル、音楽CD、トレーディングカード、フィギュア、ノベルティグッズ、食品類など、様々な商品展開の実績を有しています。
また、出演声優を招待した『桃色大戦ぱいろん』麻雀大会や、動画配信などのイベントも実施し、『桃色大戦ぱいろん』という世界観のもと、単独のゲームタイトルを超えたIP展開が行われました。

グッズ展開例

関連する記事

  • 「超兄貴」シリーズ
  • ラングリッサー
  • うみにん
  • 桃色大戦ぱいろん シリーズ
  • メサイヤゲームス
キャリア採用
募集職種はこちらHand
新卒採用
To top