エクストリーム格闘ゲーム部 活動報告’ 20

格闘ゲーム部 EVOJapan 激闘篇

#部活動

はじめまして。エクストリーム・格闘ゲーム部のTatsuakiと言います。

エクストリームの部活動として活動する他に、プライベートでもゲームセンターで行われる大会などに参加したり、自前のアーケードコントローラーを弄ったりする程、格闘ゲームが大好きです。色々なゲームをプレイしますが、特に3D格闘ゲームを得意としています。

 

主にプレイする作品としては

・鉄拳7

・ソウルキャリバー6

・バーチャファイター5ファイナルショーダウン です。

 

 

さて、今回は、2020年1/24(金)〜26日(日)に幕張メッセで開催された国内屈指の格闘ゲームイベントの祭典「EVO Japan2020」に参加してきた様子をお届けします。

 

「EVO Japan」ってどんなイベントなの?

アメリカで毎年開催されている世界最大級の格闘ゲームトーナメント「Evolution Championship Series」(以下、EVO)の日本版が「Evo Japan」となり、「日本で開催される格闘ゲームの世界大会」となります。日本での開催は今年で3回目となり、第1回は東京・池袋で開催され参加者は約5,000人、第2回は福岡で約2000人程、第3回となる今年はエントリー数で言えば6,000人と過去最多となりました。

 

「EVO Japan2020」は誰でも参加可能なオープントーナメントであり、中でも「メイントーナメント」は各メーカー認可のもと、「EVO Japan」の実行委員会が進行を行う「eスポーツ大会」です。

 

メイントーナメントで行われたタイトルは以下の6作品。

  • 「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」
  • 「ストリートファイターV アーケードエディション」
  • 「鉄拳7」
  • 「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」
  • 「SAMURAI SPIRITS」
  • 「ソウルキャリバーVI」

 

個人またはゲーム愛好団体が主催・運営をすべて行うサイドトーナメントでは「らんま1/2 爆烈乱闘篇」や「バーチャファイター5ファイナルショーダウン」、「キャサリンフルボディ」など、格闘ゲームのみに限らずバラエティに富んだ作品が多数ありました。

 

 

メイントーナメント「鉄拳7」に出場!

エクストリーム・格闘ゲーム部はメイントーナメントの「鉄拳7」にTatsuakiとHirotoshiが出場しました。

 

「鉄拳7」には963名の参加者が集い、国内の強豪やプロに限らず国外のプロも多くエントリーしていました。

そんな「鉄拳7」のメイントーナメントでなんと…

 

フランスのプロプレイヤーにまさかの勝利!

 

3日間トーナメントが行われる「鉄拳7」では、初日が終わった時点で2日目の対戦相手が分かるようになっています。初日を終えた時点で、翌日はフランスのプロと当たるのか…と半分やけっぱち状態だった私は「相手の知らなそうなサブキャラクターを最初に出して、1試合目を落としたら次戦でメインキャラクターを出し思い切りやってやろう。」と臨みました。

(※大会のルールとして相手に2試合先取することで勝利となり、1試合目で負けた側はバトルステージかキャラクターのどちらかを変更することができるためです。)

 

 

そんな前日の話があっての運命の2日目。

最初は前日の考えの通りに相手の知らなそうなサブキャラクターで挑むが、なすすべもなく敗北。そして、満を持してメインキャラクターを投入!そしてまさかの2連勝!!

運なのか実力なのかはさて置き、自分でも予想してなかった事態に、知り合いのプレイヤーにも「えっ?プロプレイヤーに勝ったの?ウソやろ!?」と驚かれました。

その後は日本の強豪プロにボロ負けし、最終的に65位タイという結果になりました。

 

一緒に参加したHirotoshiもブロックは違えど大健闘し、最終的には国内の強豪プレイヤーと当たり、無念にも散ってしまい今回は193位タイという結果になりました。

 

 

今回はこういった結果になりましたが、次回参加する時にはもっと腕を上げて臨みたいです。

 

外出自粛と外に出れず閉塞的な毎日が続いていますが、格闘ゲームを通じて室内でも熱くなれる体験をしませんか?少しでも興味を持ったらまずはオンラインからでも格闘ゲーム部への参加をお待ちしております!

 

参考:「EVO Japan2020」公式サイト

https://www.evojapan.net/2020/

関連する記事

To top