エクストリームゲーム部 活動報告 ’19

ただ遊んでいるだけじゃない?「まじめに面白い」エクストリームゲーム部

#部活動

初めまして。Toshiです。

今回は2019年のエクストリームゲーム部を振り返りたいと思います。

まず、ゲーム部の紹介から。

 

~エクストリームゲーム部とは?

ゲーム好きがゆるりと集まって、楽しくゲームをやる部。

 

 

 

活動場所はもちろん、人材インキュベーション施設のCo-CORE。

 

 

(Co-COREについてはこちらも御覧ください)

Co-COREに常設されたゲームスペースには様々なゲームがストックされており、もちろんすべて自由にプレイ可能。

また、ゲームを持参して遊ぶこともできますし、新たなゲーム・ハードを部費で購入することもできます。

 

 

レトロゲーム向けにあえてのブラウン管テレビも用意しています。

 

2019年に遊んだゲームタイトルは

 

テトリス2+BOMBLISS

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

サターンボンバーマン

スーパーボンバーマンR

グレイランサー

オーバークック2

みんなでワイワイ!スペランカー

ぷよぷよeスポーツ

Wizard of Legend

Enter the Gungeon

ヒューマン フォール フラット

キャプテンコマンドー

などなど。

 

ハードも、Switch、ファミコン、メガドライブ・・・と、

最新ゲームからレトロゲームまで、ジャンル・ハードの種類を問わず幅広く遊びました。

また、昨年10月には「ぷよぷよeスポーツ」、

12月には「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」にて、

名古屋ゲーム部とのオンライン交流戦を開催。

白熱のバトルが繰り広げられました。

今後ゲーム部はオフライン~オンラインまで、活動の幅が広がって行きそうな予感です。

 

多数のゲームクリエイター達が在籍するエクストリームですが、 ゲームを企画するにはプレイして、ゲームを知ることが非常に重要です。

仲間と集まってゲームで遊ぶ、ただそれだけの部活動ですが、普段は各々の常駐先にいてなかなか会うことができないメンバー。

部活動は貴重なコミュニケーション・情報交換の場となっています。

 

また、メンバー同士の繋がりが生まれるだけでなく、年代・性別・ゲーム歴など、多種多様なプレーヤーのニーズや価値観に触れることにより、新たなアイデアを生むきっかけに繋げることを目指しています。

 

デジタルクリエイタープロダクションを掲げるエクストリームのメンバーとして、これからも仲間と共に「まじめに面白く」切磋琢磨していきたいと思います!

この記事を書いた人

Toshiyuki

職種
ディレクター

関連する記事

To top