エクストリームが未来のデジタルクリエイターを育成

AR体験!「池袋デジタル寺子屋2019」開催レポート!

#extreme イルミネーション #Co-CORE #研修室 #豊島区

エクストリームでは、未来のデジタルクリエイターの育成に向けて、子ども達にデジタルクリエイティブの楽しさを伝えるために子ども向けワークショップ『池袋デジタル寺子屋』を開催しています。

 

第1回は2018年春に「3Dホログラム映像をつくろう!」をテーマに開催され、制作した3Dホログラムは豊島区庁舎1階のとしまセンタースクエアの「まちかどこども美術展」にて展示されました。

先日開催された第2回は「AR(拡張現実)」をテーマとし、子ども達にも人気の「ポケモンGO」や「ドラクエウォーク」などの事例を交えて「AR」について知ってもらうと共に、実際にデジタルキャラクター制作を行いARを体験してもらいました。しかも、今回子ども達が制作したデジタルキャラクターは「池袋西口公園extremeイルミネーション」内にてARコンテンツとして楽しむことが出来ます。今回は寺子屋の模様をレポートにしてお届けいたします。

 

デジタルクリエイティブを体験しよう!

 

 

普段は社員のリフレッシュや社内イベントなどに使われているエクストリーム社内のインキュベーション施設「Co-CORE」ですが、本日は子ども達の元気な声が飛び交い、いつもとは異なる賑わいに溢れています。

子ども達はCo-COREに設置されているゲーム機を見つけると「ここに来ればゲームで遊べるの?」と早くも興味津々。

 

ゲームの話題で早くも社員と打ち解けていた子ども達ですが、今回はただ遊ぶのではなく、デジタルクリエイティブを「作る」体験をしていただきます。

まさに子ども達が未来のデジタルクリエイターへと踏み出す第一歩を、エクストリームがお手伝いをさせていただく1日です。

まずはエクストリーム佐藤社長からの挨拶から始まりました。

 

佐藤社長からの挨拶

 

「エクストリームは創業以来15年間、ずっと池袋を拠点に活動してきました。池袋は東京有数の大都会でありながら、人の温かみがある場所です。創業時にオフィスを探していた時も、池袋の街中で偶然に物件の管理人さんと立ち話になり、その場で物件を紹介していただいたくらいです。本当に街に育てられてきたという想いがあります。だからこそ、今回の池袋西口公園extremeイルミネーションを「デジタルクリエイタープロダクション」であるエクストリームらしく盛り上げたいと考え、次世代を担う子ども達に参加してもらう運びとなりました。ぜひ一緒に池袋を盛り上げていただければと思います」

 

 

 

「デジタル寺子屋2019」スタート!

 

社内の研修室に移動し、いよいよ池袋デジタル寺子屋のスタートです。

本日制作するのは、ARマーカーにスマートフォンなどのカメラをかざすと画面上に現れる「デジタルキャラクター」。

子ども達は用意した下絵に、パソコンを使って自由に彩色してもらいます。

 

今回講師を担当するのは、エクストリーム社員で3DデザイナーのKeisukeさん。

第一線で活躍しているクリエイターが講師を務める点も、池袋デジタル寺子屋の特長です。

 

 

まずは、プロジェクターを使用しARってなに?というところからゲームなどの実例を挙げ、子どもたちにも分かりやすく説明していきます。将来的に期待されている、道案内や文字の翻訳など未来を感じさせる事例に子ども達もワクワクした様子でした。

 

 

ARについての説明が終わったところで、早速デジタルキャラクター制作のスタート。

今回はパソコン上のデザインソフトを使って彩色していきます。

最初はパソコン操作に戸惑っていた子ども達も、すぐに操作を覚え自由な発想で彩色していき、予定よりたくさんのキャラクターたちを作ってくれました!

 

 

 

デジタルキャラクターの制作が終わると、ARソフトにそれぞれのイラストを読み込ませます。

特製アプリでARマーカーにカメラをかざせば、先ほど制作したデジタルキャラクターがスマートフォンの画面上に出現!

 

 

自分たちが制作したデジタルキャラクターが画面上に現れる光景に、目を輝かせる子ども達!

最後は講師から「ちびっこデジタルクリエイター認定証」とお菓子のプレゼントが手渡され、池袋デジタル寺子屋2019は大盛況のうちに終了しました。

 

 

■ご参加いただいた保護者様コメント

「お父さんが偶然もらってきたチラシを見て参加しました。子どもはパソコンをほとんど使ったことがなかったのですが、とても楽しんでいたので良かったです。池袋西口公園extremeイルミネーションも楽しみにしています」

 

■講師を担当したKeisukeさんコメント

「始まる前は大変かなと思っていたのですが、礼儀正しい子ども達ばかりで、スムーズに進行できました。パソコン操作の飲み込みも早く、デジタルネイティブ世代のポテンシャルを感じました(笑)子ども達にはイルミネーション会場でARを体験してもらい、自分たちのクリエイティブがイベントの一部となり、池袋を盛り上げていると感じてくれたら嬉しいです」

 

 

今回子ども達に制作してもらったデジタルキャラクターは「池袋西口公園extremeイルミネーション」のARコンテンツ「こどもAR展覧会」として展示されます。

イルミネーション開催期間中、池袋西口公園内にある「こどもAR展覧会」のARマーカーを読み込むと、子ども達が制作したデジタルキャラクターがスマートフォンやタブレットの画面上に現れます。

中にはエクストリームがIPを保有する、あのキャラクターたちが登場するARマーカーがあるかも?

ぜひ幻想的なイルミネーションと共に、子ども達のデジタルクリエイティブをお楽しみください。

 

※イルミネーションの実施期間は

2019年12月18日(水)〜1月31日(金)17:00~23:00となります。

 

 

※ARにはスマートフォンアプリ「COCOAR2」が必要です。

以下リンクよりダウンロードしてください。

Androidの方はこちら

iOSの方はこちら

関連する記事

To top