女性活躍推進プロジェクト『JULIA◇Project』を発足しました

#JULIA◇Project

女性のキャリア形成・働きやすい環境の実現を目指し、当社の女性社員が発起して立ち上げた新プロジェク『JULIA◇Project(ジュリア・ プロジェクト)』を発足しましたことをお知らせします。

 

■『JULIA◇Project(ジュリア・プロジェクト)』概要

女性のみで構成された本プロジェクトは、当社の営業社員・伊東が発起人となり結成されました。デザイナーとして入社し、その後お客様と密接に関わることのできる営業職への転向を希望した彼女が、本プロジェクトを立ち上 げたのは、この業界でクリエイティブ職として働く女性・女 性役職者がまだまだ少ないという実態を目の当たりにしてきたことがきっかけでした。

 

女性クリエイター&エンジニアが更なるステップアップをしていくためには欠かせない 「環境」と「仕組み」の整備。それを個々のワークライフバ ランスに対応させて用意し、活躍の場を増やしていくことが本プロジェクトの目的であり、ゴールでもあります。

※ジュリア=(J=jewel 宝石、A=ability 才能、 A=actress 女優)を組み合わせた造語。 ジュリア=才能を生かしながら、仕事を通じて 宝石のように輝く女性をイメージしています。

 

 

■『JULIA◇Project(ジュリア・プロジェクト)』アウトライン

①厚生労働省のポジティブアクション活動に賛同

プロジェクトリーダー

伊東 佑花 (2013 年入社)

 

厚生労働省が「働く『なでしこ』大作戦」と称し、社会や職場の意識を変え、女性の活躍の場を広 げることにより、社会経済の活力アップを目指すという国の行動計画を実施しています。本プロジェクトは「働く『なでしこ』大作戦」に賛同し、「女性の活躍推進宣言」を宣誓するとともに、企業における男女の意識改革と実質的な機会均等を実現するための積極的改善措置であるポジティブアクション活動を推進してまいります。

 

②女性の積極採用

女性社員の採用を積極的に進め、2016 年 3 月期において、期末女性社員率 35%を目指します。 尚、2015 年 3 月期 2 月末現在の女性社員数は 83 名となっておりますが、2016 年 3 月期は女性社員採用数 50 名程度を目指し、女性社員数を 130 名程度まで増やす計画です。

 

③女性管理職養成プログラム構築及び運営

女性役職者(プロジェクトリーダー)による管理職養成講座を当社技術交流施設「Co-CORE(こ こあ)」にて定期的に開催致します。女性役職者の実体験を通じた講座を実施することで、女性社員のキャリアアップイメージを形成してまいります。

 

④女子会制度の充実

現在社内で好評を得ている「女子会」について、前出の女性管理職養成プログラム参加者や育児休暇中の女性社員、取引先等のステークホルダーなど、部門や業務の垣根を越えたコミュニ ケーション機会を充実させてまいります。本プロジェクトの意義やロールモデル構築を女性社員自らが考え、実行するきっかけ作りになると考えています。

 

⑤女性向けサービスの企画・開発・運営

女性の、女性による、女性のためのサービスを現在企画立案中です。

 

⑥女性向け福利厚生制度の導入

女性が更なるステップアップを目指す際、環境の整備は重要です。当社顧問社労士及び管理部門等とタスクフォースを立ち上げ、それぞれが積極的に意見を出し合い、環境整備に参加してまいります。

 

⑦キャリア形成の実現

女性のプロジェクトリーダーを増やし、将来的には役員を輩出します。

 

 

■これまでの当社女性社員による実績

①インキュベーション施設「Co-CORE」の開設

当時 23 歳の女性社員がデザイン・設計を行い、技術交流及び福利厚生の一環としてインキュベ ーション施設「Co-CORE(ここあ)」を開設。施設を利用した勉強会やセミナーも開催中。

 

 

②キャラクター事業の拡大

当社 IP キャラクター「うみにん」を、女性デザイナーの提案でリニューアル。 数々のイベントで着ぐるみ出演や、東京駅キャラクターストリートでのグッズ販売を実施。 また、女性ディレクターによる新キャラクターコンテストの社内コンペを企画・実施。

 

③研修システムを利用して希望職種への転換

女性 WEB デザイナーが当社独自の研修システム「Project NSCA(ナスカ)」を受講し、After effects を習得したのち、希望していた映像業界への転向を果たす。

 

④女子会の開催

当社女性社員が企画し、定期的に女子会の開催を行う。毎回コンセプトを決めて実施。 今後は社内外問わず業界内の女性クリエイター&エンジニアを対象として開催予定。

関連する記事

To top