目指せ、未来のデジタルクリエイター!

3Dデザインを楽しく学ぼう!
デジタル寺子屋2020開催レポート

#会社制度 #SDG's

エクストリームでは、2018年より子ども達にデジタルクリエイティブの楽しさを伝えるためのワークショップ「池袋デジタル寺子屋」を開催しています。

 

2018年の第1回は「3Dホログラム映像をつくろう!」をテーマに開催され、制作した3Dホログラムは豊島区庁舎1階のとしまセンタースクエアの「まちかどこども美術展」にて展示されました。

2019年の第2回ではAR(拡張現実)体験とデジタルキャラクター制作を行い、子ども達が制作したデジタルキャラクターは「池袋西口公園extremeイルミネーション」内のARコンテンツ「こどもAR展覧会」として登場しました。

 

▲2019年の実施「こどもAR展覧会」

 

第3回目の今回、子どもたちに挑戦してもらうのは、エクストリームのマスコットキャラクター的存在「うみにん」の3Dモデルにパソコンを使って色を塗り、自分だけのオリジナル「3Dうみにん」を作ろう!です。子どもたちがデザインした「3Dうみにん」は、「池袋西口公園 extremeイルミネーション2020」の連動企画「夜空のVR遊園地」に登場します。

今回は、第3回目となった池袋デジタル寺子屋の開催レポートをお届けします。

 

 

自分だけのオリジナル3Dうみにんをつくろう!

 

今回は、新型コロナウィルス感染症対策として募集人数を減らし、入口では消毒・検温を徹底して実施しました。まずはエクストリーム佐藤社長の挨拶からスタート。

 

▲佐藤社長からの挨拶

「IT関係の仕事は今後ますます増えていくことでしょう。エクストリームもベトナムにオフィスを拡張し、現在の所属クリエイター・エンジニア数はグループで約600人を超えています。未来を担う子どもたちが「池袋デジタル寺子屋」でIT技術に触れることで、デジタルクリエイティブをより身近に感じていただければ幸いです」

 

 

挨拶の後はエクストリーム本社内の研修室に移動し、デジタルクリエイティブ体験のスタートです。こちらの研修室では最新のソフトウェアを備えたPCが常設されており、普段は社内研修などで使用しています。

 

 

今回の講師を担当するのは、エクストリーム社員で3DデザイナーのKeisukeさん。最前線で活躍するクリエイターが講師を務めるところも池袋デジタル寺子屋の特長です。まずはプロジェクターを使用し、有名ゲームタイトルなどを交えながら3DモデルやVR(仮想現実)の概念をわかりやすく解説していきます。説明を終えた後は、いよいよ3Dモデルの色塗り体験の開始です。

 

子どもたちの個性をデジタルクリエイティブで表現!

 

今回は事前に制作したうみにんの基礎的な3Dモデルをベースに、パソコンで自由に着色してオリジナルデザインの3Dうみにんを作ってもらいます。紙の塗り絵と違い、自由に視点を動かせる3Dモデルは子どもたちにも大好評。色を塗る前から子どもたちの歓声が上がります。

 

 

操作がわからない部分は講師のKeisukeさんが丁寧にサポートし、だんだんとデザインが完成していきます。細かいところまで丁寧に塗る子、テクスチャー機能で変わった質感を作る子、フリーハンドで自由に線を引く子など、作業にもひとりひとりの個性が光ります。「この色はどう?」「えっ、今の操作をもう覚えたの?」など、親子の会話も弾んでいる様子。

 

 

 

最初は操作に手間取っていた子どもたちも慣れてきたのかどんどんスピードアップ。1つ目を完成させて、2つ目、3つ目に挑戦する子も現れるほどの盛り上がりを見せました。

 

 

出来上がった3Dモデルに動きを加えて書き出し、スマホで確認してみると……画面の中にオリジナルの3Dうみにんが登場!自分たちがデザインしたうみにんが画面の中で動きまわる様子を見て、子どもたちも大興奮!

 

 

最後は見事に素敵なデザインを仕上げてくれた子どもたち全員に、講師から「ちびっこデジタルクリエイター認定証」とお菓子の詰め合わせがプレゼントされ、池袋デジタル寺子屋は大盛況のうちに終了しました。

 

◼️ご参加いただいたお子様のコメント

「普通の塗り絵と違って、最初はパソコンを使って塗るのが難しかったけど、うみにんをくるくる回しながら塗るのはとっても面白かった!」

 

◼️ご参加いただいた保護者様のコメント

「小学校でタブレットを使った授業も始まり、ますますIT教育が身近になっていると感じます。子どもたちにとって、ITの知識や技術はこれからの時代に必要なものだと思うので、楽しく学べる“池袋デジタル寺子屋”は非常に良い企画だなと思います。次回も開催する予定があれば是非参加したいです」

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

 

子どもたちが作った3Dうみにんが、VRコンテンツに登場!

 

今回制作したオリジナルの3Dうみにんは、「池袋西口公園 extremeイルミネーション2020」の連動企画「夜空のVR遊園地」内に登場します。

 

「夜空のVR遊園地」は池袋西口公園で、グローバルリングの上を走る機関車・イケトレ、池袋の夜景をゆっくり楽しめる大観覧車・エクストリームリング、上空150mから降下するスリル満点のフリーフォールなど、3つのアトラクションを体験出来ます。

「夜空のVR遊園地」のアトラクションは、VR機器をお持ちでない方でもスマートフォン・PCから無料でお楽しみいただけます。

 

子どもたちが作ったオリジナルの3Dうみにんと共に、期間限定のVR遊園地をお楽しみください。

 

「池袋西口公園 extremeイルミネーション」および「夜空のVR遊園地」の詳細は、こちらの特設ページよりご確認ください。

 

関連する記事

To top