IT 業界でも、社員が家庭と仕事を両立することのできる企業の仕組みづくり

「豊島区ワーク・ライフ・バランス推進企業」に認定されました

#SDG's

(画像)「豊島区ワーク・ライフ・バランス推進企業認定制度」 第9期認定企業 認定書授与式

 

エクストリームは豊島区の「豊島区ワーク・ライフ・バランス推進企業認定制度」の審査の結果、『第9期豊島区ワーク・ライフ・バランス推進企業』として認定されました。

 

これは労働環境が問題視されることの多いIT 業界において、当社のワーク・ライフ・バランスへの積極的な取り組みが評価されたことによる認定となります。

 

 豊島区 高野之夫区長より認定書を授与される 第 9 期認定企業 認定書授与式  当社代表  佐藤昌平(左)

 

■ワーク・ライフ・バランスへの取り組み

エクストリームでは家庭生活と会社生活の両立を支援するべく、労働時間の削減への恒常的な取り組みのほか、「育児・介護休暇の取得支援」と「女性が働きやすい環境の構築」にも重点的に取り組んでおります。「育児・介護休暇の取得支援」では当社に「男性の育児休暇取得」の実績がないことを問題として捉え、社内周知活動及び制度利用の奨励を積極的に実施し、育児休暇を取得しやすい職場風土を整備しています。

 

また「女性が働きやすい環境の構築」では女性労働者数が少ないIT業界においての女性活躍のリーディングカンパニーとなるべく、女性のキャリア形成・働きやすい環境実現を目指す社内プロジェクト「JULIA◇Project(ジュリア・プロジェクト)」の活動を広げています。「社員が長く働ける環境づくり」のために社内研修やオンライン学習システムの導入、社員同士の技術交流会なども実施するなど、社員の中長期的なキャリア形成を支援しています。

 

関連する記事

To top