eスポーツをより身近に、より当たり前に

大阪に「学べる」eスポーツ施設“REDEE”が誕生

#eスポーツ

 

2020年3月1日、大阪に新たなeスポーツ施設が誕生しました。今回は大阪モノレール「万博記念公園」駅より徒歩3分、エキスポシティの一角にオープンした「REDEE」の模様をレポートします。

 

施設に入ってすぐ、2階エリアには株式会社サードウェーブのゲーミングPCが多数配置され、ハイスペックな環境で『フォートナイト』などのオンラインタイトルが体験できるようになっています。隣にはヘッドマウントディスプレイに加えて、実際に体を動かして操作する体感型のVRゲームも配置され、なかなか普段自宅では味わえないゲーム体験が可能になっています。

 

そして本施設の特徴とも言える要素として、PCの並んだプログラミング「学習」エリアと、実際にブロックを組み立てて動かすプログラミング「体験」エリアも同じフロアに常設されています。eスポーツ関連施設としては非常に珍しい設備ですが、学習エリアでは定期的に教室が開催されており、学んだ基礎をすぐに実践することが出来るという本格的なプログラミング教育を可能にしています。

 

 

 

ハイスペックなゲーミングPCが並んだ景色はゲーマーにとって魅力的な光景ですが、このフロアでは最新のゲームを体験するだけでなく、プログラミングというその根本となる仕組みについて理解・実践という過程を実現。普段なかなか触れることのないVR機器と合わせて、あまりゲームに馴染みがないという方にとっても身近に最先端を感じられるよう配慮された仕組みと言えるでしょう。

 

変わって1階部分では中央に「YouTuber体験エリア」を設置。近年は“子どもがなりたい職業”の上位に常に名前が挙がる動画クリエイターとしての体験が可能なブースになっており、実際のYouTuberさながらに動画を撮影しその場で合成・編集する体験ができます。

 

 

 

隣には「実況者体験エリア」として、デモンストレーション用のゲーム映像に合わせて実況するゲームキャスターの体験も可能。どちらもグリーンバックでの合成撮影を体験することが出来るようになっており、なかなか家庭では揃えられない設備に触れられる貴重な機会と言えるでしょう。

 

この2つの体験コーナーではスタッフによるサポートを受けながら取り組めるようになっており、撮影した動画は持って帰ることが出来るというサービスもあることから、単なるスタジオとしての設備貸与ではなく「体験の提供」という側面を強くしています。

 

そして本施設の目玉とも言えるのが、1階の大部分を占める「プロゲーマー体験アリーナ」。258席と広く取られた観客席に加え、ステージ上には競技によって10台まで増設可能な対戦ブースと放送席も設置されています。極めつけは縦8m横40mという大迫力の湾曲型の超大型スクリーン。照明やカメラなどの設備も充実しており、臨場感あるeスポーツシーンを間近で楽しめるようになっています。

 

 

こちらのアリーナでは、イベント時以外は一般の入場者がステージ上でゲーム対戦が可能。アナウンスに加えて勝利者インタビューを受けることも出来るようになっており、グループでの来場が盛り上がることは勿論、プロゲーマーさながらの気分を味わえます。

 

これまではeスポーツ関連のイベントは東京での開催が主でしたが、その要因のひとつとして設備的な問題が挙げられることがありました。しかし本施設ではハイスペックなゲーミングPCが必要なものからスマートフォンがあればプレイできるタイトルまで対応しており、十分な配信環境と収容人数を誇っていることから、大型イベントやコミュニティ大会など幅広いイベントでの利用も見込めます。

 

施設内にはカフェも併設されており、充電が可能な休憩エリアも完備。大規模なイベント時には他のブースもコミュニケーションエリアとして開放することもでき、臨機応変な利用が想定されています。

 

 

入館料は大人2,000円、小中学生は1,500円。施設内の設備をじっくり体験すれば2時間以上の滞在が想定されており、当日中であれば何度でも再入館可能。エキスポシティ内には大型の映画館やショッピングモール、水族館など幅広い年代層で楽しめる施設が揃っており、家族連れや友達同士での休日の過ごし方の選択肢のひとつとして、このREDEEの利用も多くなるのではないでしょうか。

 

これまで、eスポーツ施設と言えばコアプレイヤー向けのハイエンドなゲーム機が並ぶ競技用の施設が多く、あまりゲームを遊ばない方にとっては縁遠い印象を抱かれがちな存在でした。

 

しかし、今回オープンした「REDEE」はデジタルな最新環境について「実際に触れて学べる」学習施設というこれまでにない側面を強く持っており、これまでとは違った層へeスポーツを楽しんでもらうきっかけになり得る施設です。2020年4月より義務教育課程でプログラミング教育が必修となるという背景もあり、プログラミングの予習プラスアルファが学べる「REDEE」は今までにない役割を担うことが出来ることでしょう。

 

近年リニューアルが相次ぐエキスポシティの中でも最新の施設であり、eスポーツ施設としては日本最大級にして最先端。近未来を思わせる内装には、思わずワクワク感を誘われます。大阪という立地で、eスポーツを根付かせる拠点となるか。注目が集まります。

関連する記事

To top