「PCエンジン mini」に「超兄貴」、「Moto Roader」収録決定!

#メサイヤゲームス #超兄貴

株式会社コナミデジタルエンタテインメントが2020年3月19日に発売予定の「PCエンジン mini」と北米版「TurboGrafx-16 mini」、欧州版「PC Engine Core Grafx mini」に、エクストリームがIPを保有するMASAYA GAMESのタイトルから「超兄貴」と「Moto Roader」が収録されることが決定しました。

 

PCエンジン miniについて

PCエンジンは1987年に発売された家庭用ゲーム機で、革新的なグラフィックやサウンドで多くのファンを魅了しました。クラシックゲームに改めて注目が集まる中、当時の名作たちがコンパクトにまとまって復刻されます。それが「PCエンジン mini」です。

 

▲PCエンジン mini

 

「超兄貴」について

1992 年にPCエンジン用ソフトとして発売された横スクロール型シューティングゲーム。衝撃的なビジュアルと世界観のため当時「バカゲー」の代名詞に。今も漫画、小説、LINEスタンプなど多方面のメディアミックス、グッズ展開を続ける。

 

 

    

 

「Moto Roader」について

1989年にTurboGrafx-16用ソフトとして発売されたレースゲーム。国内はもとより海外での評価が高い。車の強化や、多人数同時対戦などが可能。2014年にWii Uに移植されるなど、現在でも根強い人気を誇る。

 

 

    

 

■PCエンジン mini公式サイト

https://www.konami.com/games/pcemini/

 

©Konami Digital Entertainment

©extreme

関連する記事

To top