民間企業による「池袋地域」の発展に貢献するにぎわい創出を推進

NPO 法人ゼファー池袋まちづくりと「包括連携協定」を締結しました

#豊島区

(写真:包括連携協定)小林俊史 ゼファー理事長(右)と佐藤昌平 当社代表

 

NPO法人ゼファー池袋まちづくり(理事長:小林俊史、以下ゼファー)とエクストリームは「池袋」の発展に貢献する地域のにぎわいを創出する活動に寄与することを目的とした「包括連携協定」を 2018 年 4 月 26 日付で締結しました。

 

当社では本協定に基づき、2020 年にむけて再開発の進む副都心・池袋の「地域の活性化」や、豊島区の掲げる“国際アート・カルチャー都市”構想に則った文化の担い手を育成する「人材育成」などの活動を中心として、地域社会や住民との密接な連携を推進していきます。

 

■ゼファー 小林理事長のコメント:
「池袋は新たな分野にチャレンジしエネルギッシュな発展を遂げる企業の多い街です。その代表的な会社でもあるエクストリームから、『池袋ファン』として街の魅力づくりに協力したいという申し出をいただき、たいへん嬉しく思います。かつて池袋モンパルナスと呼ばれたアート・カルチャーの地で、一緒にどんなことができるか、今から楽しみにしています。」

 

■当社 佐藤昌平のコメント:
「エクストリームは、2005 年に池袋で生まれて以来、ずっと池袋を拠点に活動してきました。エクストリームの成長を見守り続けてくれた池袋に恩返しをするためにも、池袋をデジタルクリエイティビティの新たな聖地とできるようにゼファーと共に盛り上げてまいります。」

 

■NPO 法人 ゼファー池袋まちづくり 概要

所在地 東京都豊島区西池袋 2-37-4 としま産業振興プラザ(IKE-Biz)4 階
代表者 小林 俊史
設立 2005 年
URL http://www.npo-zephyr.jp/
団体概要 まちの住民と事業者が協働し、生活の維持・向上、豊島区の発展、副都心として東京の魅力向上に寄与するために、地域の再生を進め、安全で安心な街、魅力と活力ある街を創りだすための NPO です。

 

関連する記事

To top