プロダクションストーリー

目標に向かってチームでコミット

株式会社エクストリーム

代表取締役社長CEO

佐藤昌平(写真左)

KLab株式会社

執行役員 人事部 部長

天羽 公平(写真右)

KLabにはエンジニアとして入社し、研究開発部長を経て、現在は人事を担当。

グローバル規模でモバイルオンラインゲームを展開しているKLab社。
クリエイター&エンジニアプロダクションを標榜する当社では、国内外で多くのファンを獲得しているモバイルオンラインゲームの開発に企画、デザイン、プログラマーと多岐にわたる職種でメンバーが参画。
幅広い分野で協業体制を築いています。
今回、人事部長の天羽氏にKLab社の職場環境や仕事の進め方、開発現場で求められる人材像などについて伺いました。

丁寧に分析しノウハウを蓄積、サービスに反映

KLabは2000年の創立以来、「モバイル×インターネット」を事業ドメインとしてきました。現在では、モバイルの主流であるスマートフォン向けのインターネットサービスで最も競争が激しく、成長しているゲーム事業を主力事業としています。
ゲーム事業に参入した当初、ゲーム開発のノウハウがあったわけではありません。これまでに培ってきたノウハウを活かしながらゲーム制作に挑戦してきました。私たちは常に変化・進化するマーケットの中で、いかにそれらに先回り出来るか、あるいは迅速に順応していくかを考え、土台となる基礎技術や、関連する先端技術の研究や検証に加え、常に市場・ユーザー分析やノウハウ蓄積を進めています。
2016年度は新しいゲームタイトルを1本もリリースしませんでした。一般的にゲームをリリースしてから時が経つにつれて売上は減衰するものですが、リリースが無かった中で、売上規模を維持することができました。そこには特別な魔法のような手法があるわけではありません。自社タイトルの分析や競合、市場分析を丁寧におこない、その結果をサービスに反映させ、うまくいったものについてはノウハウ化することで他のプロジェクトに活かしていく。こうしたプロセスを地道に積み重ねることで、お客様に楽しんでいただけるようなサービスを目指しています。
こうしたKLabの特徴は、試行錯誤を経た結果得られたものです。世界中へサービスを展開していますが、IPタイトルについてはこれまでの成功・失敗経験をいかし、まずは自分たちも含めて多くのファンを持つ日本のIPを使って国内マーケット向けに提供し、成功したものを海外に展開していくという戦略をとっています。自分たちのこだわりをサービスに反映させていくことこそが、自分たちの価値につながり、結果としてユーザー様にご満足いただけるサービスを目指せると考えました。

フェーズごとのレビューで品質の保持や向上が図れる職場環境

平均年齢31歳の若い会社です。弊社には「世界と自分をワクワクさせろ」というビジョンがあり、それを体現するために、会社としても個人としても挑戦し、その結果から学んで成長していくことを目指しています。能動的に行動し、提案できるような人材で会社を創っていきたいと考えています。
オフィスはプロジェクトごと、チームごとに座席が配置されており、パーテーションなどもありません。壁一面にガラスボードがあるので、会議室に行かなくても必要であればすぐにディスカッションができます。チームで一緒にひとつの物を創っていくには良い環境だと思います。
エンジニアやクリエイターに任せているミッションに関しては、基本的にはその方の裁量で進めてもらっていますが、各フェーズでレビューのステップを入れています。お客様に楽しんで頂ける基準をクリアしているか、確認しながら進めていくことで品質を保っています。また個々の裁量で進めて頂けるとは言え、レビューなどのコミュニケーションをとって進めており、丸投げするわけではありませんので、その点では安心してそれぞれの力を発揮して頂けると思います。日々のプロジェクトの活動に加え、四半期ごとの懇親会や、サービスイン時の懇親会など、コミュニケーションの流れを良くする機会や仕組みも設けておりますので、意志の疎通が図りやすいと思います。

チームの一員として同じ方向を向いてコミットできる方が活躍

KLabの社員、外部パートナー様に関わらず、一つ一つのタイトルに対してお客様が満足し、楽しんでいただけるサービスをしっかり提供していくことにコミットしてもらえる方を求めています。スキルや経験を活かしてもらうということはもちろんですが、それに加えてチームの一員として、KLabの文化や風土にフィットするような方ですと、さらに活躍していただけると考えます。
業界的にも変化が激しく、サービスや事業の急成長に伴い迅速な人員体制の強化が必要になることもあります。そうしたときに、エクストリーム社のクリエイターやエンジニアの方たちのように、スキルを持った即戦力の方が必要となります。現在、プランナーからエンジニア、デザイナーまで幅広い職種でエクストリーム社からのパートナーの皆さんにはご活躍いただいています。エクストリーム社のクリエイターの方々は、様々な開発現場での経験をお持ちの方が多く、日々スキルアップの努力もされていらっしゃいますので、安心して業務をお任せできます。また、開発はチームワークもとても重要なポイントになりますが、コミュニケーションスキルが高く、こちらの意を汲んだ対応をしてもらえ、「チームの一員」として取り組まれている点も大変心強く、助かっております。

人気IPやオリジナルIPを育てていけるというチャンスも!

KLabでは、多くの固定ファンがついているようなIPタイトルの開発を経験できるチャンスがあります。また、オリジナルタイトルの開発にも力を入れています。オリジナルタイトルに関しては、ゲームのみならずアニメーションや楽曲など全方位的に関連する業界各社と協業して進めています。IPを育てていく当事者として、現場に参加できる面白味もあるのではないでしょうか。

≪エクストリーム 担当者より≫
天羽様、示唆に富むお話をありがとうございました。当社では、ワールドワイドな展開に挑まれるKLab社を
今後もクリエイティブの側面でサポートできるよう、より強固な協業体制を築いてまいりたいと思います。

関連する記事

キャリア採用
募集職種はこちらHand
新卒採用
To top