新卒採用 エントリー 新卒採用 エントリー 新卒採用 エントリー

トークセッション

入社6ヶ月で、イベントプロジェクトの立上げ〜実行委員を経験。クリエイターでなくても、モノづくりの魅力を伝えられる仕事があると知った。

  • 谷口
  • 営業企画
  • 宮崎
  • 営業
  • 高田
  • 営業
  • 郷津
  • プログラマー

就活時に目指していた業界やエクストリームへの入社の決め手を教えてください。

高田私は玩具やプロダクトデザインの会社を受けていました。エクストリームを受けた時は“内定までのスピード”が段違いだったんですよ。運命的なものを感じました。

宮崎ゲームプランナーを志望していてゲームメーカーなどの説明会などに足を運んでみたんですが、詳しく仕事を聞いていくうちに「自分のキャリアビジョンとはズレている」と感じて、営業の方にシフトしました。

谷口それ今振り返ってみると間違っていなかったね!

宮崎そうなんですよ(笑)。“売上げ”っていうハッキリとした目標があることで僕は頑張れるんです。内定までのスピードが早かったことも入社を決めた理由のひとつでした。

郷津私は高等専門学校出身なんですが、まわりは皆業務系システムのSEとして就職を決めていました。

谷口確かに、ゲーム系プログラマーで高専出身てあまり会ったこと無いなあ。

郷津私も電力系の企業など内定をもらっていましたが、就活の最後に「ひとつだけ冒険でエンタメ系の会社を受けてみよう」と思いつき、応募してみました。話を聞いていくと、他社よりも自分の働くイメージが浮かびやすかったので、最終的に入社を決めました。

入社時の研修ではどんなことをしましたか?

高田つめこみ式の座学の研修ではなく、社会人としての心構えや考え方など、仕事を進める上で欠かせないものから教わりました。

宮崎コミュニケーション学習の研修がおもしろかったです!言葉だけで複雑な図形を説明し相手が書き取るんですが、自分が思っている以上に“相手にわかりやすく伝える”という行為が難しくて、とても新鮮でした。

高田すべて「講義+グループワーク」という形なので、自分で考える→同期と意見を交換 という内容で能動的に進められて、身につきやすいです。

谷口営業の仕事で即役立ったのは電話の受け方の研修です。
これも、ロールプレイの後は実際に電話がかかってくるのを受けるところまで実施するので、初めは緊張しました(笑)。

郷津OJT期間中に、営業訪問に同行させてもらったのが、とても勉強になりました。これからプログラマーとしてのキャリアを築いていくに当たって大切な、コスト意識を持つことや外部との折衝など、貴重な経験ができました。プログラマーOJTでは、すぐに大きいプロジェクトの初期開発に携われたので、とてもラッキーでした。

社会人になって、学生との違いを感じたことはなんですか?

高田一番は、時間がたりないということ。特に契約書や社内手続きの書類作成はまだ全然慣れません…。仕事に優先順位をつけて、意識的に手早く進めないと一日が終わらない(汗)。かといって考えなしに薦めると、後でトラブルにつながってしまうので、スピーディかつ物事をひとつひとつ掘り下げて考える癖が身につきました。

谷口就活時は、営業よりもコンテンツを制作する側(技術職)の志向が強かったんですが、社会に出てみて「専門的な知識は後からでも身につけられるが、ビジネスマンとしての総合的な基礎を築けるのは今しかない」と気づきました。
営業として、常に売上げやコストについて意識しているので、将来的に技術職になったときも、開発プロジェクト全体の成果について総合的な視点で見ることができると思います。

経営者育成プロジェクトについて教えてください。

宮崎今、業務ではWEB業界の新規取引先開拓をしているのですが、せっかく取れたアポイントでも与信限度額の事前調査が甘かったりすると取引につながらないことがあります。 経営者育成プロジェクトでは、財務諸表の読み方から世の中のトレンドまで、幅広い内容について研究・分析していくので、日頃の業務でも、取引先の経営状況まで読み込んだりする癖がつきました。

郷津こういった社内制度はなかなか他では聞いたことがないです。でも社会人として生きていくなかで必要なことはもちろん、経営者目線でのものの考え方など、かなり貴重な知識が得られます。

谷口この会議から生まれたアイディアで、プロジェクト化したのが『オープニングセレモニー』です。
会社をPRしようという目的で、全員でアイディアを出し合ったのですが、「社員の家族を招いて楽しんでもらえるイベントをやってみよう」という私の案が採用されたんです。 ちょうどその時期が会社の移転と重なったので、新しいオフィスのお披露目会を、社員だけではなく家族をまじえたものにしよう!という一大企画が始まったのです。
新卒メンバー全員で、VR体験コーナーや動物マジックショー、ビンゴ大会などを計画し、それぞれが各コーナーの責任者となって、演者の手配、機材の手配や会場の装飾を手がけました。

高田連日の準備でへとへとでしたがイベントは大成功に終わりました。ホームページやFacebookに写真が載っているので見てみてください!
正直、入社して半年でまだ仕事も覚えたてなので、いっぱいいっぱいで新しいことをする余裕はなかったのですが、イベント当日の皆の笑顔を見ていたら本当にやってよかったと思いました。
こんな大きなイベントはひとりでは絶対に成し遂げられなかったし、ひとりでも欠けていたら成功しなかったと思います。同期や先輩社員との強いチームワーク・強い結束を感じました。

応募を検討している学生にアドバイスやメッセージをお願いします

谷口とにかく残された学生生活を大切に。。。って自分もよく言われたけど当時はピンとこなかった(笑)。社会人は長期の休暇があまりないので、海外旅行などはなかなかできません!なので今しかできないことを思いっきりやって見聞を広めてほしいです。エクストリームではそういう体験が、全部仕事に活きてくるから!

郷津そうそう!アルバイトだけではなく好きなこと(私の場合スノーボード)を思いっきりやれるのは今だけです。

高田面接時には、正直な気持ちをぶつけた方が良いと思います。「相性」がありますから、会社も学生も正直でないと入社後にミスマッチが起きてどちらにとっても良くないです。

宮崎もちろんエクストリームとご縁があった方は、私達が一番の理解者になって支えていきます!

選考フロー

エントリー

書類選考(履歴書・エントリーシート)

一次面接

適性検査

最終面接

内定

ENTRY エントリー ENTRY エントリー
To top