「教育」がスゴい 教育・研修システム

『Project NSCA(ナスカ)』(未経験者対象)

2013年5月1日よりスタートした『Project NSCA(ナスカ)』は、「次世代のクリエイターを目指せ!」をスローガンに、「ゲームを創りたい」「映像制作に携わりたい」という熱い気持ちを持った業界未経験者を対象に、当社の行動指針の一つである「スピード・クオリティ・チャレンジ」の「チャレンジ」を具現化した新しい取り組みです。

CG映像制作、Mayaによるゲームエフェクト制作、C++・Unityなどゲーム開発、JavaによるWebアプリ・システム開発、Webデザイン・マークアップなど、クリエイティブ業界のニーズにあったカリキュラムを当社現役技術社員が講師となって研修を行い、実際の業務に即した技術が身につけることができる実践直結型の研修制度となっています。

キャリアアップ研修

キャリアアップ研修は、当社在籍社員を対象とした恒常的なキャリア形成を支援する研修システムです。

ソフトウェア業界において要求される技術トレンド、求められるスキルは非常に速いスピードで変化しています。この変化の流れに対応して行くためには、クリエイター・エンジニアの保有するスキル・経験を常に幅広に形成して行く必要があります。このような継続的な学習と技術力のインプットを積み重ねることによって、「一生活躍できるクリエイター・エンジニア」に成長することができるのです。

具体的には、2Dグラフィックをメインタスクとしていたグラフィッカーが、3Dグラフィックに係る技術を習得することで、2Dも3Dも対応できるゼネラリスト的なクリエイターにレベルアップする、スマートフォンアプリなどのフロントプログラマがLAMP系(※)プログラムも習得し、クライアントと通信系プログラムを同時に構築するなど、技術の幅を広げることで自身のスキルアップとお客様ニーズに常に応えて行く取り組みを行っています。
Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl/Pythonなどサーバ・データベース及び通信系プログラム言語を指す

キャリアアップ研修は、週末などに当社技術社員が開催するセミナー形式のものをはじめ、プロジェクト終了~開始の期間にまとまった時間を確保しカリキュラムを消化するものなど、クリエイター・エンジニアの状況に応じてフレキシブルに実施しています。また、資格取得支援制度も合わせて実施しており、社員のスキルアップに関する取り組みを会社としてもバックアップしています。

ビジネスリーダー養成研修

ビジネスリーダー養成研修は、管理職を目指す社員向けに行っている研修制度です。当社管理部門責任者が、財務・営業・CS(customer satisfaction)・危機管理・クレーム対応・人事労務・法律・マネジメントなどのテーマから独自のカリキュラムを作成し、映像教材を組み合わせて隔週ペースで実施しています。また、いつでもどこでも各種セミナーを受講できるよう、イーラーニングシステムも導入しており、社員のスキルアップに向けた環境を整えています。

当社では、行動指針(ブランドスローガン)である「スピード・クオリティ・チャレンジ」を体現するポテンシャル人材を管理職へ積極登用するために、「エクストリーム人事考課制度」を導入しています。ビジネリーダー養成研修のカリキュラムは、本人事考課制度において必要とされる職位・職格昇格に係る基本要件と整合しており、ビジネスリーダー養成研修の受講によって、自然と管理職への昇格が意識できるよう設計されています。

また、当社では職位・職格昇格にあたって、汎用資格(簿記・TOEIC等)または技能資格(各種IT系スキル)の取得を義務付けており、定性的な人事評価だけではなく、定量的な評価も取り入れ、管理職登用に透明性を持たせています。